本記事内では一部プロモーションを含みます。

避妊率ランキング

望まない妊娠で身体も心も大きく傷つく女性たちがたくさんいます。
その中には、避妊していたのに妊娠してしまった
そんな女性たちも少なくありません。

代表的な避妊法に
・コンドーム
・低用量ピル
などがありますが、どうして避妊していたのに妊娠してしまうのでしょうか?

実はどの避妊法でも避妊率は極めて高いのを知っていました?
みなさん避妊に失敗するとよく言われているコンドームでも、その避妊率は98%もるのです。

そこで今回は、避妊法別避妊率ランキングとそれでも妊娠しンしてしまう理由を考えてみます。・

【避妊率ランキング】どの避妊法でも意外と高い避妊率に驚く

【避妊率ランキング】どの避妊法でも意外と高い避妊率
避妊法別の避妊率ランキングは以下の通りとなります。

避妊法 避妊率
避妊リング/IUS 99.8%
低用量ピル 99.7%
避妊パッチ 99.7%
デポ・プロベラ注射 99.95%
避妊インプラント 99.95%
コンドーム(男性用) 98%
膣サポシトリ 98%
リズム法 76%
抜去法 78%

いかがですか?
安全日を狙ってセックスするリズム法や外出しの抜去法の避妊率が低くなるのは理解できますが、その他の避妊法の避妊率が極めて高いことに驚きませんでしたか?

実はこの避妊率の数値は完璧な使用法を用いた場合の理論値なのです。

現実的な避妊率ランキング

では、一般的な使用での避妊率ランキングはどうなるのでしょうか?

避妊法 一般的な使用での避妊率 完璧な使用での避妊率
避妊リング/IUS 99.4% 99.8%
低用量ピル 99.1% 99.7%
避妊パッチ 99.1% 99.7%
デポ・プロベラ注射 99.6 99.95%
避妊インプラント 99.8 99.95%
コンドーム(男性用) 82% 98%
膣サポシトリ 73% 98%
リズム法 75% 76%
抜去法 80% 78%

特筆すべきは、コンドーム))」(男性用)と膣サシトリの完璧な使用での理論値と現実的な一般的数値の避妊率の変化ではないでしょうか?

【膣サポシトリとは】
膣サポシトリとは、避妊法の一つとして使用される膣内に挿入する薬剤です。サポシトリ(suppository)は一般的に錠剤やゼリーの形状をしており、膣内に挿入することで溶けて効果を発揮します。具体的には、精子を殺す薬剤(殺精子剤)が含まれており、これによって受精を防ぎます。



最も多くのカップルの避妊で使用されている避妊法のコンドームですが、意外と完璧な使用が難しいことがあります。

コンドームの正しい使い方

コンドームの正しい使い方
コンドームの正しい使い方について説明します。

コンドームの購入と保管

実はコンドームには使用有効期限というものがあります。
有効期限を確認し、期限が切れていないことを確認しましょう。
高温多湿を避け、直射日光の当たらない涼しい場所に保管します。

コンドームの開封の仕方

コンドームをパッケージから開ける際、爪や歯を使わずに指を使って慎重に開けなければなりません、。
パッケージを破く際にコンドームが破れないよう注意が必要です。
穴が開いていた理、破けたりしているとそこから精液が漏れるい可能性があります。

コンドームの正しい装着準備

コンドームを正しい方向(巻きが外側にある状態)で取り出します。
コンドームの先端にある空気を抜くために、つまんで空気を抜きます(先端には精液が入るスペースを確保します)。

コンドームの装着

勃起したペニスの先端にコンドームを当てます。
つまんだまま、ペニスの根元までコンドームを転がしながら装着します。
空気が入らないように注意します。

装着後にペニスが根元までしっかり覆われていることを確認します。

コンドーム使用中の注意点

コンドームがずれたり破れたりしないよう、性交中も気をつけましょう。
潤滑剤を使用する場合は、水溶性またはシリコーンベースのものを使用し、油性のもの(例:ベビーオイル、ローション)は避けます。
油性の潤滑剤はラテックスコンドームを劣化させる可能性があります。

コンドーム使用後

射精後、ペニスが縮小する前に根元を押さえながら慎重に引き抜きます。
コンドームを外す際は、精液が漏れないように注意します。
使用したコンドームをティッシュやトイレットペーパーに包んで廃棄します。ト
イレに流さないようにします。

その他コンドーム使用の注意点

コンドームは毎回新しいコンドームを使用し、再利用はしてはいけません。
また適切なサイズのコンドームを選ぶことも需要です。
フィット感のあるサイズを選ぶことで、ずれや破れのリスクを低減します。
コンドームをい使用するにあたりゴムアレルギーに注意します。
ラテックスアレルギーがある場合は、ポリウレタンやポリイソプレン製のコンドームを選びます。

男性は1秒でも早く挿入したいから

正しく使えば高い避妊率を期待で切るのがコンドームですが、現実にはそれは簡単ではありません。
なぜなら、挿入直前の男性は一秒でも早く挿入したいと思うからです。
そしてコンドームを装着するのはたいてい挿入直前です。

そんな焦る彼氏が必ず丁寧にコンドームを装着してくれるかどうか?不安ではありませんか?

コンドームは、正しく使用することで高い避妊効果と性感染症予防効果を発揮します。適切な保管と使用方法を守り、安全な性行為を行うことが大切です。

避妊率のランキングからわかった避妊法

避妊率のランキングからわかった避妊法

避妊率ランキングからわかることは、コンドームがあまり安心できない避妊方法だということです。
ですから、避妊委ついてはそのあたりもしっかりと理解したうえで考えておくべきです。

このあたりはメデリピルさんの解説動画がわかりやすいですね。、

【メデリピルの避妊率の解説動画】
\フワちゃんのCMで有名/
【メデリピル】公式サイト
/ピルのオンライン診療サービス\

避妊に心配し過ぎということはない

妊に心配し過ぎということはない

避妊に心配し過ぎということはない!
これだけは肝に銘じておきましょう。

なぜなら、望まない妊娠は女性のこれからんぼ人生において多大な影響を及ぼすことがあります。
ですから避妊に心配しすぎるということはありません。
以下にその理由を説明します。

①身体的な影響が心配

妊娠と出産は女性の体に大きな負担をかけます。
特に若い女性や健康状態が万全でない女性にとっては、妊娠による身体的なリスクが高まります。
適切な避妊を行うことで、計画外の妊娠を防ぎ、女性の健康を守ることができます。

②精神的な影響が心配

望まない妊娠は精神的なストレスや不安を引き起こします。
妊娠が発覚した時のショックや、その後の選択(出産、育児、または中絶)に伴う精神的な負担は非常に大きいのです。
避妊を徹底することで、これらの精神的な負担を軽減できます。

③経済的な影響が心配

子供を育てるには多大な費用がかかります。
特にまだ若いカップルの場合は、経済的能力がありません。
望まない妊娠が経済的に安定していない時期に起こると、女性だけでなく、その家族全体に経済的な負担がのしかかります。
避妊によって計画的な家族計画が可能になり、経済的なリスクを回避できます。

④社会的な影響が心配

望まない妊娠は教育やキャリアの継続に大きな影響を与えます。
特に若い女性にとっては、学業の中断や職場でのキャリアの途絶が将来にわたる影響を及ぼすことがあります。
避妊はそのようなリスクを避ける手段となります。

⑤自分の人生のコントロールできなくなることへの心配

避妊を徹底することは、自分の人生を計画的に進めるための重要な手段です。
これにより、女性は自分の人生をよりよくコントロールし、自分の望むタイミングで妊娠や子育てを選択することができます。

望まない妊娠が女性に与える影響は多岐にわたります。
ですから、避妊に心配しすぎというこちょはないのです。
むしろ、避妊に心配視すぎるくらいの計画的な避妊は女性の健康、精神的安定、経済的安定、そして社会的な地位を守るための重要な手段です。
避妊をしっかりと行うことで、女性は自分の人生をより豊かで充実したものにすることができます。