本記事内では一部プロモーションを含みます。

ピル 保険適用にする方法

ピルは長期間継続的に服用し続けるお薬です。
ですので、気になるのはやっぱりその値段ですよね。

そこで、ピルの保険適用の条件も知っておきましょう。

保険適用できれば、低用量ピルもグッとお安く入手できますからね。

【保険適用でピルを処方してもらう】



月経困難症というのは、あまりにもひどい生理痛に限られるということではありません。
保険適用でピルを処方して欲しい方はそのニュアンスも理解しておいてください。
ただ、このあたりは医師の考えからにもよるので、保険適用してくれない病院であれば変えるのもありだと思います。

ピルを保険適用にする方法


ピルを保険適用にする方法はズバリ、避妊目的ではなく治療目的で医師に処方してもらう方法です。
避妊目的だけのピルの処方は、原則自己負担になります。
しかし、月経困難症や子宮内膜症の治療目的でピルを服用する場合は保険適用になります。

保険適用のピルと保険適用外のピルの価格差は、クリニックによって異なりますが、一般的には、1シートあたり1,000円~3,000円程度です。



例えば、保険適用のピル「トリキュラー28」は、1シートあたり500円(非課税)です。
一方、保険適用外のピル「ヤーズ」は、1シートあたり2,090円(税込)です。
この場合、保険適用のピル「トリキュラー28」と、保険適用外のピル「ヤーズ」の価格差は1シートあたり1,590円(税込)となります。

保険適用のピルは、月経困難症や子宮内膜症の治療目的で処方されるため、診察料や検査料などの実費はかかりますが、ピル代は3割負担となります。
一方、保険適用外のピルは、避妊目的で処方されるため、診察料や検査料などの実費に加えて、ピル代も全額自己負担となります。

そのため保険適用のピルの方が、保険適用外のピルよりも、費用を抑えることができます。

低用量ピルの保険適用の条件

低用量ピルの保険適用の条件
低用量ピルなどの保険適用の条件は、具体的には以下のとおりとなります。

  • 月経困難症または子宮内膜症の診断を受けていること
  • 医師が治療のためにピルの服用が必要と判断していること



月経困難症または子宮内膜症の診断を受けるためには、婦人科を受診して問診、内診、血液検査、腹腔鏡検査、MRIなどの検査を受ける必要があります。

そこで医師が治療のためにピルの服用が必要と判断した場合、保険適用のピルが処方されます。
保険適用のピルは、月経困難症治療薬として承認されている種類の中から選ぶことができます。

月経困難症とは

月経困難症とは、月経時に起こる痛みやその他の症状が、日常生活に支障をきたすほど重い状態をいいます。
月経困難症の主な症状は、下腹部痛、腰痛、お腹が張る、吐き気、頭痛、疲労・脱力感、食欲不振、イライラ、下痢、憂うつなどです。

月経困難症の原因は、大きく分けて2つあります。

  1. 子宮内膜症などの器質性月経困難症
    子宮内膜症とは、本来子宮の中にある子宮内膜が、子宮以外の場所で増殖する病気です。子宮内膜症があると、子宮の収縮が激しくなったり、子宮内膜が炎症を起こしたりして、痛みやその他の症状を引き起こします。
  2. 機能性月経困難症
    機能性月経困難症は、子宮内膜症などの器質的な病気が原因ではない月経困難症です。機能性月経困難症の原因は、完全には解明されていませんが、プロスタグランジンなどの子宮収縮を促す物質の分泌量が増えることや、子宮頸管の狭窄などが関与していると考えられています。



月経困難症の治療は、原因によって異なります。
器質性月経困難症の場合は、子宮内膜症などの原因となる病気の治療が第一です。

子宮内膜症の場合は、手術や薬物療法が行われます。

機能性月経困難症の場合は、薬物療法が中心となります。
薬物療法には、痛みを抑える「対症療法」と、卵巣や子宮内膜に直接働いて痛みやその他の症状の発生原因を抑える「ホルモン療法」などがあります。

対症療法には、鎮痛剤や解熱剤、漢方薬などがあります。
ホルモン療法には、低用量ピル、黄体ホルモン単剤療法、GnRHアゴニスト療法などがあります。

月経困難症は、女性の約20~30%が経験すると言われています。
月経時に痛みやその他の症状が強い場合は、婦人科を受診してみることをおすすめします。

保険適用のピルも保険適用外のピルも避妊効果はある

保険適用のピルも保険適用外のピルも避妊効果はある

保険適用のピルも保険適用外のピルのどちらも避妊効果があります。

保険適用のピルは、月経困難症や子宮内膜症の治療目的で処方されるため、避妊効果については副効用の扱いになります。
しかし、正しく服用すれば、避妊効果は99%以上と高い確率で期待できます。

保険適用外のピルは、避妊目的で処方されるため、避妊効果が主な目的とされています。
避妊効果については、保険適用のピルと同等の99%以上と高い確率で期待できます。

ピルの避妊効果は、以下の2つの作用によって得られます。

・排卵の抑制
・子宮内膜の変化

ピルには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つのホルモンが含まれています。
この2つのホルモンが、脳の視床下部や下垂体に働きかけ、卵巣の排卵を抑制します。

また、ピルには、子宮内膜を変化させる作用もあります。
子宮内膜は、受精卵が着床する場所です。ピルによって子宮内膜が変化すると、受精卵が着床しにくくなります。

生理が重い方なら保険適用でピルを処方してもらえる可能性がある

ひどい生理痛で悩む女性
日常生活に支障があるくらい生理が重い女性なら、保険適用でピルを所掌してもらえる可能性があります。

それには婦人科の医師の診察が必要になり売ます。

保険適用でピルを処方してもらうための診察は、以下の流れで行われます。

①問診

まず、医師から月経困難症や子宮内膜症の症状について問診されます。症状の程度や、これまでの治療歴などについて詳しく聞かれるので、準備しておきましょう。

②内診

次に、内診が行われます。子宮や卵巣の状態を確認するために、膣から指を入れたり、超音波検査を行ったりすることがあります。

③血液検査

必要に応じて、血液検査が行われます。血液中のホルモン値や、血栓症のリスクを調べるために行われます。

④診断

問診、内診、血液検査の結果をもとに、医師が月経困難症や子宮内膜症の診断を行います。診断が下された場合は、治療のためにピルの服用が必要かどうかを判断します。

⑤ピルの処方

医師が治療のためにピルの服用が必要と判断した場合、保険適用のピルが処方されます。

ピルの種類や服用方法について、医師から説明を受けましょう。

保険適用でピルを処方してもらうためには、月経困難症または子宮内膜症の診断を受けることが必須です。
そのため、診察では、これらの病気の症状や、これまでの治療歴などについて詳しく問診されます。
また、内診や血液検査などが行われる場合もあります。

問診や内診、血液検査の結果をもとに、医師が月経困難症または子宮内膜症の診断を行います。
診断が下された場合は、治療のためにピルの服用が必要かどうかを判断します。

医師から治療のためにピルの服用が必要と判断された場合は、保険適用のピルが処方されます。
ピルの種類や服用方法について、医師から説明を受けましょう。

保険適用のピルと保険適用外の自費ピルの比較


ピルを保険適用にする方法は、やはり生理になにかしらの支障をお持ちの方でしか難しいかもしれません。
そして避妊目的や月経移動などは治療ではないので、自費負担となります。

ですので、そこまでピルの保険適用にする方法にこだわる必要があるのかどうか?
今一度、考え直していただけませんか?

自費負担になってしまう避妊目的のピルですが、だいたい1シート(1ヶ月分)で3,000円程度です。
保険適用と保険適用外のピルの価格差も1000円ちょっとの差です。
しかも、今は便利なオンラインでのピル処方のクリニックもあります。

わざわざ産婦人科などのクリニックに出向いて、診察を受けるための時間や交通費まで考えれば、そこまでピルの保険適用にこだわる必要もないかもしれません。

オンライン処方ピルで人気の「エニピル」の例です。


・ファボワール 毎月発送プラン2,563円(税込)
ラベルフィーユ 毎月発送プラン2,563円(税込)

これに送料がかかります。(550円)
※12か月分一括だと送料が無料になります。

\最短翌日に自宅に届く!/
【エニピル】公式サイト
/ピルのオンライン診療サービス\

保険適用のピルのための血液検査をするクリニックだと割高になるかも

必要に応じて、血液検査が行われます。
血液中のホルモン値や、血栓症のリスクを調べるために行われます。

このあたりは病院によって異なります。
毎回血液検査をする病院もあれbな、簡単な問診だけでOKの病院もあります。

毎回血液検査を行う病院だと、いくら保険適用のピルとはいえ少し割高なになることもあります。