本記事内では一部プロモーションを含みます。

でき婚男の本音と特徴

彼氏とのセックスはきちんと避妊していますか?
彼氏は避妊しないでセックスをする時はありませんか?

もし妊娠したら、結婚しちゃえばいいじゃん
そんな風にでき婚を安易に考えてはいけません。
なぜなら、あなたは妊娠をきっかけに結婚を考えていてもも彼氏がそうとは限らないからです。

でき婚での男の本音は、あなたの考えていたことと大きくかけ離れていることも多いのです。

でき婚の男の本音

でき婚の男の本音

えっ?マジ?
でき婚で彼女の妊娠を知った時の男の本音はここからだと思います。

本当はまだ結婚なんてしたくなかったのに子供ができたせいで仕方ないから
結婚に対する不安で毎日悩んでいる
結婚生活や育児が思っていたよりも大変で後悔している
妻と母になった彼女との関係がうまくいかず結婚したことを後悔している
結婚を受け入れようとしているが、まだ受け入れられない

実際には、これができ婚の男の本音でしょう。

結婚は人生の大きなイベントです。
それには、周到な準備と計画は必須です。

でき婚で男か感じる結婚への不安

でき婚で男か感じる結婚への不安

本当はまだ結婚したくなかった男性ばらば、結婚に対する不安を強く感じます。
それは経済的な問題、仕事との両立、育児の負担など、さまざまな不安が頭をよぎります。

また、女性の妊娠・出産によって、関係性が変化してしまうのではないかという不安も感じることがあります。

でき婚での結婚を男は後悔する

でき婚での結婚を男は後悔する

でき婚での結婚を後悔する男性もいます。

結婚生活や育児が思っていたよりも大変で、結婚したことを後悔する男性は珍しくないのです。
彼女から妻へと変わった女性との関係がうまくいかず、結婚したことを後悔する男性もいます。

今まで自由を謳歌でき茶いた独身時代。
それができ婚で180度 変わってしまうのです。

でき婚で男が幸せになるために


本当は結婚したくなかった男性が、でき婚で幸せになるためには、以下のことが大切です。

  1. 結婚に対する不安を解消する
    結婚に対する不安を解消するためには、結婚生活や育児に関する知識や情報を収集することが大切です。また、結婚相談所やカウンセラーなどの専門家に相談するのも有効です。
  2. 女性との関係を良好に保つ
    結婚を受け入れるためには、女性との関係を良好に保つことが大切です。お互いの気持ちを理解し、協力し合うことで、結婚生活をより充実させることができます。
  3. 自分なりの幸せを追求する
    結婚を後悔しないためには、自分なりの幸せを追求することが大切です。結婚生活の中で、自分が幸せになれることを見つけて、それを大切にしなければなりません。

でも、これって簡単なことじゃないのです。

でき婚はみっともないと言われる理由


でき婚は、必ずしも二人だけの問題ではありません。
彼氏の家族と彼女の家族の双方が祝福されなければ、結婚のスタートはとても険しいものになります。
なぜなら、まだ若い二人の結婚において、親からのサポートは必須だからです。

しかし、でき婚?場合は必ずしも祝福されるとは限りません。
なぜなら、でき婚はみっともないと考える親もいるからです。
でき婚がみっとないと言われるのはこんな理由からかもしれません。

二人の愛情にケチをつけるつもりなどサラサラありませんが、現実はけっこう事実だと思います。

結婚に対する準備が十分ではない

でき婚は、結婚に対する準備が十分ではないことから、みっとないと言われることがあります。

結婚には、経済的な準備や仕事との両立、育児の準備など、さまざまな準備が必要です。
でき婚場合は、これらの準備が十分にできていないことから、結婚生活や育児がうまくいか無いことも考えられます。
そして、それが離婚につながるのではないかという不安や、周囲からの批判を恐れる気持ちから、みっとないと感じる人がいると考えられます。

責任感がないと言われる

でき婚は責任感がないと言われることから、みっとないと言われることがあります。

結婚は、人生の大きな決断であり、それに伴う責任も大きくなります。
でき婚の場合は、結婚を真剣に考えずに子供を授かったことをきっかけに結婚を決意したのではないかという印象を与え、責任感がないと感じる人がいると考えられます。

道徳的に問題があると感じる

でき婚は、道徳的に問題があると感じることから、みっとないと言われることがあります。
結婚は、お互いの愛情と信頼に基づいて結ばれるものであるという考え方があります。

でき婚の場合は、結婚前に性行為を行ったことを、道徳的に問題があると感じる人がいると考えられます。

もちろん、すべてのでき婚がみっともないわけではありません。
結婚に対する準備を十分に整え、お互いの愛情と信頼に基づいて結婚を決意したのであれば、でき婚でも幸せな家庭を築くことができます。
しかし、でき婚に対する世間の偏見や、周囲からの批判を恐れる気持ちから、みっとないと感じる人がいることは事実です。



でき婚を考えている人は、これらの理由を理解した上で、結婚を決断することが大切です。

デキ婚の男にクズ男も多いから気を付けて

でき婚で育児に協力しない夫
あなたのまわりにも、でき婚でその後スピード離婚してしてしまった友人はいませんか?
私のまわりには、何人もいます。

でき婚する男の特徴

でき婚の男性には、いくつかの特徴があると思います。

  1. 後先考えないタイプ
  2. 快楽を優先しがち
  3. 人を信用しやすい
  4. 他人に左右されやすい
  5. 貯金が無い
  6. 仕事より遊び



避妊しないセックスがどんな結末を迎えるのか?
これは誰でも容易に予測できるはずです。

それなのに、妊娠したことを喜ばずに「どうしよう?どうしよう?どうしよう?」とあたふたしている男にあなたとその子供を幸せにできるでしょうか?

しかし、でき婚で結婚する男がすべてクズ男というわけではありますう。
でき婚で結婚する男性の中には、子供を授かったことで幸せになったり、責任感や愛情を持ったりする人もいます。
ただ、それには準備と男性の覚悟は必須なことは間違いありません。

あなたの今の彼氏にその準備と覚悟はありますか?


でき婚をわざとする男もいるから気を付けて

わざとでき婚を計画する男

世の中には、わざとでき婚をしようとする男もいるから気を付けてください。

なぜなら、別れてから妊娠が発覚したカップルも多い現実をご存知ですか?
彼女の気持ちが自分から離れていっている…
それを察知した男は、わざと避妊しなくなることもあるのです。

そんな「わざとでき婚を計画する男」の心理は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

彼女と別れたくない

彼女のことを好きだが、
・彼女の気持ちが自分に対してどうなのかわからない
・他の男と付き合われるのが怖い

などの理由で妊娠をきっかけに彼女を手に入れようとするケースです。

この場合、彼女のことを独り占めしたいという独占欲や、彼女を失いたくないという不安が強いと言えます。

彼女との結婚を急ぐ

彼女と結婚したいが、
・直接プロポーズをするのが怖い
・タイミングが掴めない

などの理由で、わざとでき婚で結婚に持ち込もうとするケースもあります。

この場合、彼女のことを本当に愛していて、結婚したいという気持ちが強い一方で、自分の気持ちを伝える勇気がないという葛藤があります。

「妊娠させたらこっちのもの」という自分勝手な論理

愛情の裏返しで、絶対に他の男には渡したくない!
そんな独占欲の強い男性ほど、でき婚でもいいから彼女を手に入れたいという考えを持つかもしれません。

しかし、これは本当に自分勝手な論理です。

結婚はふたりでじっくり考えて決めるものです。
それなのに自分の考えや希望だけで、でき婚を画策する男って、少し怖くないですか?

それに、別れ話が出てから避妊しないという男性もいます。

別れてから妊娠が発覚…
そんな悲劇は避けなければなりません。

できちゃった婚でなぜ避妊しない?

できちゃった婚でなぜ避妊しない

できちゃった婚は、普通の結婚に比べて前途多難なことが多いです。
それは考えればすぐにわかることなのですが、それなのに避妊しないのはなぜなのでしょうか?

急に「母親」「父親」になることは、今までの自分のための生き方を子供のためにと1890度変えなければならないのに…

  1. 避妊の知識や方法を知らなかった
    避妊の知識や方法を知らないために、避妊をしない人も少なくありません。避妊は、コンドームやピルなどの避妊具を使う方法や、避妊手術を受ける方法など、さまざまな方法があります。しかし、避妊の知識や方法を知らないために、適切な避妊方法を選べず、避妊に失敗してしまうケースがあるのです。
  2. 避妊を面倒くさがった
    避妊を面倒くさがる人もいます。避妊具を使う場合は、毎回セックスの前に装着する必要があります。また、ピルの場合は、毎日決まった時間に飲む必要があります。避妊を面倒くさがる人は、これらの手間を省くために、避妊をしない選択をしてしまうのです。
  3. 妊娠したいと思っていた
    妊娠したいと思っている人もいます。女性であれば、いつまでもプロポーズしてくれない彼氏に結婚をきっかけに妊娠したいと考える人も多いでしょう。また、男性であれば、女性を自分のものにしたいという独占欲から、妊娠を望むケースもあります。



できちゃった婚で避妊しないことは、男も女にも責任があります。
どちらが悪いということではありません。

男女ともに、避妊の知識や方法を知り、適切な避妊方法をきちんと選択することが重要です。

なお、女性が避妊をしない理由として、以下のようなものも挙げられます。

・男性に避妊を任せている
・男性に避妊を拒否されている
・避妊に失敗した



これらの理由から、女性が避妊をしないケースも少なくありません。
しかし、女性も避妊の責任の一端を担っていることを理解し、積極的に避妊に取り組むことが大切です。

でき婚は前途多難なことを覚悟せよ

でき婚は前途多難

でき婚するカップルの中には、すぐに別れるカップルも少なくありません。
できちゃった婚のカップルの離婚率が高い理由にこんなことがあるのかもしれません。

若い世代でのデキ婚が多い

できちゃった婚のカップルは、20代や30代前半の若い世代に多い傾向にあります。
若い世代は、価値観や考え方がまだ定まっていないことや、経済的な自立ができていないことなどから、結婚生活に適応するのが難しい傾向にあります。

お互いの価値観や考え方が合っていない

できちゃった婚の場合、結婚のきっかけが妊娠であるためお互いの価値観や考え方について十分に話し合う時間がない場合が多いです。
そのため、結婚後にお互いの価値観や考え方の違いに衝突し、離婚に至るケースも少なくありません。

結婚に対する準備ができていない

できちゃった婚の場合、結婚に対する準備が十分にできていない場合が多いです。
結婚には、結婚式や新婚旅行などの準備だけでなく、家事や育児、仕事との両立など、さまざまな準備が必要です。
しかし、できちゃった婚の場合、これらの準備に十分な時間を割くことができません。

そのため、結婚後に結婚生活に適応できず、離婚に至るケースも少なくありません。

妊娠・出産による身体的・精神的負担

妊娠・出産は、女性にとって大きな身体的・精神的負担となります。

妊娠中は、つわりや体調不良などの症状に悩まされることもあります。
また、出産後は、産後の肥立ちや育児疲れなどの症状に悩まされることもあります。

これらの負担が原因で、できちゃった婚?結婚生活が破綻するケースも少なくありません。

なお、できちゃった婚でも幸せに結婚生活を送っている人はたくさんいます。
しかし、できちゃった婚には、上記のようなリスクがあることを理解しておくことが大切です。

できちゃった婚を考えている場合は、お互いの価値観や考え方について十分に話し合い、結婚に対する準備をしっかりと行うことが重要です。また、妊娠・出産による身体的・精神的負担についても、理解しておくことが大切です。

でき婚を避けたいなら男任せにせず自分でも避妊して

でき婚はできれば避けたほうがいいと思います。
なぜなら、いきなり父親・母親になるなんてとても大変だからです。

できれば、新婚生活もしばらくは二人で過ごしたいですよね。
それなのにいきなり大変あ育児があるのは大変です。

もちろん、結婚の準備もしっかりできません。
最悪 妊娠で新婚旅行もお預けになることもあります。

大好きで結婚も考えている彼氏だけど、避妊してくれない。
それをそのままにしていると、いつかでき婚になる可能性は高いです。

彼氏が避妊してくれないなら、女性のあなたが避妊することも考えてみてください。
それには、やっぱり「ピル」が簡単で確実です。

産婦人科にまで行ってピルをもらいのはハードルが高い
という方は、オンライン処方のピルも人気があります。、

おすすめオンラインピルは「エニピル」

私のおすすめオンラインピルは「エニピル」です。

・最短翌日に届くスピーディーな配送。
・土日祝日も含め毎日診療、現在24時間医師が常駐
 24時間診療可能。
・LINEを用いた無料相談窓口も充実しており有識者が疑問や不安に対応

仕事で平日に休みが取れない私にはとても利用しやすいのです。


\最短翌日に自宅に届く!/
【エニピル】公式サイト
/ピルのオンライン診療サービス\