HOME

MENOPAUSE

女性ホルモンを知る

更年期とは

更年期の原因は主として卵巣の衰えによるエストロゲンレベルの低下

 閉経前後(40代~50代)になると、卵巣の衰えによりエストロゲンレベルは低下します。エストロゲンの作用を鍵と鍵穴でたとえると、鍵であるエストロゲンが鍵穴である受容体に結合すると強く作用しますが、エストロゲン受容体は、子宮や乳房といった女性性器のみならず全身ほとんどの部位に存在します(男性にも存在します)。そのためエストロゲンレベルの低下は心身各所の不調につながります。他に原因がない、これらの症状は更年期症状と呼ばれます。

 特に多いのは、いわゆるホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)や発汗などの症状です。 こうした症状はエストロゲンレベルの低下だけでなく、社会的・環境的要因、心理的・性格的要因なども強く関連していることが知られており、個人差がとても大きく、重い人もいれば、軽い人もいます。このような更年期に起こる症状について、普段の生活に差し障りが出るほどの重い症状のみを更年期障害と呼びます。ただし、更年期障害だと思っていても、別の病気が隠れていることがありますので注意が必要です。

 更年期にはイライラする、憂うつ、不安、不眠になるといった心の不調も現れます。また、エストロゲンの影響を受けていた肌のハリが失われ、シワやたるみが出てきます。更年期症状が出なかった人でも、更年期以降はこういう変化を感じるでしょう。

 

更年期障害を起こす3要因

更年期障害を起こす3要因
 

エストロゲンの減少により起こること


 

>>エストロゲンレベルの低下に備えるには