HOME

CHANGE

女性ホルモンを知る

年齢によるホルモン変化

女性ホルモンは20代半ば~30代前半でピーク。40代から急速に低下

 女性ホルモンは、女性の体と心にさまざまな影響を与えます。特に、エストロゲン(卵胞ホルモン)は年齢 によって分泌レベルが変化し、それにより月経トラブルやかかりやすくなる病気の種類も変わってきます。

 

【図】 年齢によるエストロゲンの変化とその症状

 

 

性成熟期

おおよそ25~45歳にかけて月経周期が保たれ、エストロゲンの分泌も安定的に行われる年代を性成熟期と呼びます。この中でも25~35歳の時期は体が妊娠や出産にもっとも適した状態といえるでしょう。
 

更年期

閉経(※)の前後5年間を更年期と呼びます。おおよそ40~60歳の年代となります。 性成熟期の間は、視床下部、下垂体、卵巣がお互い作用し、女性ホルモンのサイクルが保たれ、月経周期を保ちますが、更年期を迎えるとエストロゲンのレベルが急激に低下します。 それは、主に卵巣の中にある卵子の元(原始卵胞)の数が急激に減少するからです。 卵胞が成熟していく過程で女性ホルモンを分泌するため、卵胞が減少することで卵巣からのエストロゲン分泌も低下します。 エストロゲンの分泌が低い状態が続くと、骨粗しょう症や脂質異常症、動脈硬化などの病気にかかりやすくなる他、認知力の低下や高血圧などのリスクも高まります
 

※閉経とは

30代後半から卵巣にストックされていた卵子の元(原始卵胞)の数が急激に減少し、残っている卵子自体も老化します。これにより妊娠がむずかしくなり、排卵もなくなり、月経がこなくなります。これが閉経です。 医学的には相応の年齢の女性において月経終了から1年間月経がこない場合に閉経とする、と定義づけされています。

 

>>エストロゲンレベルが低下したらどうなるの?

>>エストロゲンレベルの低下をゆるやかにするには?