HOME

エクオールとは?

エクオールとは?

大豆に含まれるイソフラボンには、主にダイゼイン・ゲニステイン・グリシテインの3種類がありますが、その中のダイゼインが、ある腸内細菌によって代謝されると、エクオールという成分が産生されます。

このエクオールは、エストロゲン(卵胞ホルモン)によく似た働きをするものとして知られています。

卵巣機能の低下やストレスによってエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌レベルが低下してしまうのを補うために、大豆イソフラボンのサプリメントを飲用したり、食事で大豆をたくさん摂るようにするとよいと言われるのは、そのためです。
 

エクオールは誰もが産生できるものではない

しかし残念なことに、エクオールを産生する腸内細菌は、すべての人の腸のなかにいるわけではありません。 つまり、食事で大豆をたくさん摂っても、エクオールを産生できる人とできない人がいるのです。その割合は、日本人では約50%といわれています。

エクオールを産生できるかどうかは小さいころからの食習慣に大きく関わるのではないかと言われていて、 日本以外では、中国や台湾のような大豆製品を良く食べる国々ではエクオールを産生できる人は同じく約50%。大豆を食べる習慣がない欧米では20~30%だといわれています。

さらに、日本国内においても関東と比較して関西の人の方が、高年齢者より若者の方がエクオールを産生できる割合が少ないという調査結果もあります。