更年期以降は骨粗しょう症を防ぐため、骨量の減少に注意しましょう – ホルモンケア推進プロジェクト

HOME

 

更年期以降は骨粗しょう症を防ぐため、骨量の減少に注意しましょう

女性の骨を守る大豆由来の「エクオール」

骨粗しょう症がどんな病気か、ご存知ですか?

骨粗しょう症とは、骨の代謝バランスが崩れることで骨の形成よりも骨の破壊が上回り、骨がもろくなった状態のことをいいます。

通常であれば、新しい骨が形成されると同時に古くなった骨が破壊され、常に新しく作り直されるといった新陳代謝を繰り返します。ただし、なんらかの理由でそのサイクルが乱れると、骨の形成が追いつかずに骨量が減少してしまい、骨がもろくなって骨折しやすくなるのです。

骨粗しょう症になると、ちょっとした転倒で骨折につながる可能性があります。骨折して自分で歩けなくなるなど、自立した生活を送ることが難しくなります。動けない状態が長く続くと,そのまま寝たきりや要介護の状態になってしまうこともありますので、注意が必要です。

女性では男性に比べ、脳血管疾患等の生活習慣病より、骨折からの要介護が多いとされています。特に女性においては、更年期を迎える頃に骨がもろくなり、骨粗しょう症になりやすくなるといわれています。

エストロゲンの急激な減少で、骨粗しょう症のリスクが高まります。

実は、40歳以前の女性が骨粗しょう症になることはほとんどありません。一般的に、45歳くらいから骨量の低下が始まります。平均的な日本人女性においては、閉経後10年経った60歳で骨量減少、20年経った70歳で骨粗しょう症になるといわれています。

骨粗しょう症は圧倒的に女性に多く、患者の8割を占めています。その背景には、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の急激な減少があります。エストロゲンは骨を丈夫に保つという大きな役割を果たしているため、激減することで骨の形成が追いつかなくなり、骨量が低下してしまうのです。

女性は40代から骨のケアを始めることが大事。

血液において、赤血球が壊れて新しい赤血球に入れ変わるように、骨も絶えず新陳代謝しています。骨はかたくて壊れにくいイメージがあるので、古い骨が壊れて新しい骨に入れ替わっていることを、もしかすると皆さん想像していらっしゃらないかもしれないですね。しかし、実際には全身の骨の3~5%は絶えず入れ替わっており、5年前の骨はないといわれています。

だからこそ、骨粗しょう症になってからではなく、骨の健康を守るために40代からケアを始めることが重要なのです。

 

 

骨粗しょう症を防いで、いつまでも自分の足で歩き続けましょう。

骨粗しょう症を予防するためには、やはり生活習慣の改善が重要です。具体的には、規則正しい生活習慣を続け、適切な栄養素を適量摂取すること。骨の主成分となるカルシウムはもちろん、たんぱく質、ビタミンD、ビタミンK、大豆イソフラボンも骨の健康を保つのに役立つ成分といわれています。そして、運動も大きなポイントになります。骨に刺激が加わると骨が強くなりますので、毎日の生活の中で意識して体を動かしましょう。

そして、最近注目されている食品として、大豆イソフラボンの代謝産物である「エクオール」を活用するのもひとつの手段です。大豆イソフラボンは、腸内細菌の働きによって、体の中でエクオールに変化します。このエクオールこそが女性ホルモンの働きを助ける要なのです。実際に、エクオールを1日10mg毎日1年間摂取したところ、骨密度の減少を41%抑えたという結果が出ています。

 

Tousen, et.al., Menopause 18: 563-574, 2011

 

しかし大豆イソフラボンを腸内でエクオールに変換できる人は日本人で約5割、欧米人では約3割にとどまっています。

女性ホルモンが急激に減少してくる40代以降は特に女性の健康維持増進のために、エクオールを腸内でつくれない人はもちろんのこと、つくれる人も、毎日エクオールを摂取することが大切であると考えられます。

エクオールを手軽に摂取するには、サプリメントがおすすめです。

サプリメントを選ぶときのポイントは2つ「エクオールの1日摂取目安量が10mgであること」と「大豆を安全性の高い乳酸菌で発酵させていること」。これに気を付ければ、安心して続けられるでしょう。

生活習慣の改善を図り、そのうえでエクオールを活用して、いつまでも自分の足で歩く。それも、さっそうと歩き続けたいですね。

 

骨を守る以外にも嬉しい効果がこんなに!

エクオールの効果についてもっと知りたい方はコチラ